« TEPCOひかりへの道 5 | トップページ | TEPCOひかりへの道 7 »

2005.12.07

TEPCOひかりへの道 6

そして約束の11月20日(日)に関電工の人が調査にやってきました。訪問時間が事前の予告通り正確だったのは良かったんだけど、玄関開けたら挨拶も早々にいきなり「電話の配管は使えませんでした」と。配管が細くて1F → 2F部分が一杯になっていて光ファイバーが通りませんとのこと。こちらの希望はあっさりと潰えました。

賃貸に住んでいる以上それはそれでしょうがないので次にどんな提案をしてくるのかなと関電工の人の発言を待ったのですがだんまりの状態。おいおい! という感じで「で、どうしたいんですか?」とこちらが質問しても当を得ないことを言うばかり。結局「代替案を示してくれ。最初はエアコンの穴を通すという方法を考えていたんでしょ。」とこちらから思いっきりかみ砕いて言うことでようやく宅内の調査に入ることが出来ました。

なんか調査にとりかかるだけでも大仕事って感じです。コミュニケーション下手過ぎ。もっとスムーズに進められんのか? > 関電工

|

« TEPCOひかりへの道 5 | トップページ | TEPCOひかりへの道 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5639/7517713

この記事へのトラックバック一覧です: TEPCOひかりへの道 6:

« TEPCOひかりへの道 5 | トップページ | TEPCOひかりへの道 7 »